読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉し恥ずかし買い物日記

Amazonで買ったものを晒す(アフィリエイトはしていません)

すべてがちょっとずつ崩壊していく漫画

 

Young,Alive,in Love 01 (ヤングジャンプコミックス)

Young,Alive,in Love 01 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

Young,Alive,in Love 2 (ヤングジャンプコミックス)

Young,Alive,in Love 2 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

Young,Alive,in Love 3 (ヤングジャンプコミックス)

Young,Alive,in Love 3 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

すべてがちょっとずつ優しい世界

すべてがちょっとずつ優しい世界

 

 

 原発をモチーフにした漫画。ヤング・アライブ・イン・ラブは全3巻。

※――※――※――※

ヤング・アライブ・イン・ラブは、「都会に巨大な湯沸かし器があって、それが崩壊してしまった」という感じの漫画。

湯沸かし器……まぁ、そこは何を比喩してるか任せます。へへ。

霊能力を信じてる少女(不登校)と、現代少年がちょっとずつ恋をする話。

最後のオチも、ちゃんとシメてあって……ポジティブな素敵オチ。

にんまりするね……いいよこういうのは……!

※――※――※――※

すべてがちょっとずつ優しい世界。

タイトルから察してほしいんだけど、「ちょっとずつ」は優しい。

ちょっとずつ、ね。

 

ものスゴい田舎に「光の塔」を建設する話。

でも、それはストーリーが進むと「崩壊してしまう」のだ。

で……。恩恵を受けていたものの、田舎の島に住んでいた人々が移住していってしまう。

最後に残された村長も、その息子も、寂しい結末を迎える。

合間合間に出てくるキャラクタが見せてくれる「ちょっとのヤサシサ」が、スゴく心をエグってくる。抉るんだよ。

切ない終わり方だけど、きちんと希望も残してある。

だけど、やっぱりタイトル通り「ちょっとずつ優しい」だけの世界なのだ。

 

絵柄が可愛い分、こういう結末だと寂しさが大きくなる。増幅される。

ストーリーも、色々と考えるべきことがあるような……忘れてしまったかもしれない、そういう大切なものを思い出させてくれるような。

そんな漫画。

 

「すべてが~」はブックカバーでもネタをやってくれてる。

切ない。